漢方薬には、関節リウマチに効果的といわれる処方があります。 関節リウマチの薬物療法では様々な薬が使用されますが、服用することで多少の副作用が起こってしまうことも少なくありません。 このため、特にステロイド薬などは使用を嫌がる患者さんもいます。 また、女性に多い病気だということもあり、妊娠中の女性が薬を服用できないという問題もあります。 その点、漢方薬の場合は基本的に天然由来の成分ですから、副作用が少なく身体の負担になりにくいことが最大のメリットでしょう。 西洋医学の医薬品と比較して即効性はないものの、継続的に服用することで体調を元の自然な状態に戻していくという効果が期待できます。 痛みを抑えるために西洋薬を利用して、根本治療を目指して漢方薬を取り入れるのも一つの方法です。 では、リウマチにはどんな漢方薬が効果的かといいますと、 ・防已黄耆湯(ぼういおうぎとう) ・ヨク苡仁湯(よくいにんとう) ・桂枝加朮附湯(けいしかじゅつぶとう) ・大防風湯(だいぼうふうとう) ・葛根加朮附湯(かっこんかじゅつぶとう) ・越婢加朮湯(えっぴかじゅつとう) ・麻杏ヨク甘湯(まきょうよくかんとう) ・疎経活血湯(そけいかっけつとう) などの処方がよく用いられています。 いずれにしても、医師に相談の上、体質に合った処方のものを試すようにしてください。